トップ

病気になった時の医療費

病気になる不安とは

治療費

病気で入院したときには

いつも元気でいたいと思うのは、誰もが考えることですが、病気になることもあります。そして、そのために入院という治療も必要になる時がでてきます。この時に、不安になるのが医療費の負担がいくらになるかです。治療によっては、手術をするケースもあり負担が大きいと思うときもあります。そのような時には、高額療養制度というものが存在しています。一ヶ月の医療費が、ある上限を超えると支給がされる制度です。このおかげで、病気になっても不安もなく安心して治療に専念することができます。この制度は、わからないときは病院でも教えてもらえます。

医療費に関しての制度

病気になった際にかかる医療費が高額になった際に自己負担を軽減できる制度に高額療養制度というものがあり、医療費の払い戻しが受けられる場合があります。高額療養制度は70歳未満である人に限られており、収入から算出される自己負担限度額を超えた金額が払い戻されます。これは一ヶ月ごとの計算になり同じ月であれば、同じ世帯内の家族が病気で医療機関を受診した場合もかかった費用を合算することが可能とされています。制度を利用するにあたっては診療報酬明細書などの必要書類があるので事前に調べておくと手続きがスムーズに行えます。

↑PAGE TOP